アクセスカウンタ

アカバナー通信

プロフィール

ブログ名
アカバナー通信
ブログ紹介
まったく自由気ままなエッセイ。
それぞれ長文です。読書の苦手な人には申し訳ない。
まあ興味が無ければ読み通すことも無い訳で、気兼ねすることもないか。
書くことで見えてくるものもあり、自分のために書いています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
(臨時)大人気ない相撲社会
(臨時)大人気ない相撲社会 事件の概要も警察から発表された。テレビニュースを見ていて、こんな程度のことだったのかと、ちょっと拍子抜けしている。富岡八幡宮の事件は、これに比べればはるかにおどろおどろしい事件だが、マスコミの判断は違うようだ。日馬富士の暴行事件は、今でも毎日報じられているが、富岡八幡宮の方は急に報じられなくなった。不思議だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 10:59
窮すれば鈍す
窮すれば鈍す 「貧すれば鈍す」という言葉がある。貧しさの中にあると、どうしても生活に追われ、才気や高潔さを失い、愚かになってしまうという意味だ。ただし、人間というもの、そんなに単純ではない。確かに、貧すれば鈍すというような現象も見受けられるが、成金という言葉があるように、貧していなくても愚鈍としか思えないこともあり得る。清貧というように、高い理想を持ち続ける人もいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/06 09:09
(臨時)中国製の電気バス!
(臨時)中国製の電気バス! いつの頃からか日本社会の印象は、懐古、内向き、挑戦より現状維持といった言葉が似合うようになっているような気がする。人間で言えばそれは、壮年から老年期にかけての性向だということになるか。日本社会もまた、高齢化社会の進行とともに、老人的性向に浸潤されつつあるということだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/02 13:58
ジンバブエを巡っての雑感
ジンバブエを巡っての雑感 アフリカのジンバブエで政変が起きた。軍によって大統領が軟禁状態に置かれ、国営放送が占拠されているというのが第一報だった。その後、辞任要求を受け入れない大統領に対する議会による弾劾の動きが表面化し、大統領も辞任やむなしというところに追い込まれたようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 08:34
(臨時)日馬富士関の暴力事件雑感
(臨時)日馬富士関の暴力事件雑感  ニュースは連日、日馬富士の暴力事件を取り上げている。実は相撲には全く興味がない。私が熱中していたのは、昭和30年代、栃錦、若乃花という横綱の時代、アナウンサーは絶叫しているのだが、観客の声援も大きく、またラジオの性能も良くなかった(親子ラジオだった)ので、優勝決定戦なのだがよくわからない放送だった時代だ。しばらくして観客の大声援が終わった頃に、やっとどちらが勝ったのかわかるという始末だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/19 21:02
チバニアン雑感
チバニアン雑感 まあ何も無いよりはいいことかもしれないが、しかしそれ自体としてはほとんど無意味であるということがある。それに意味を付与するのは、実は人間の精神的活動であって、それなくしては単なる事実に過ぎないのだ。ということを考えたら、観光資源としてではなく、教育資源としての意味をこそ前面に押し出すべきではなかろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/15 09:02
Macのデータ移行狂騒曲
Macのデータ移行狂騒曲  型落ちだが、なかなかスペックのいいMacが買えた。なお、型落ちとは、最新型が登場したために安くなる旧型製品のことである。今まで使っていたのも型落ちだったが、今回もそれでかなり安く手に入れた。新製品の値引き販売をしないMacの場合、型落ちは狙い目である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/08 10:42
30億円が認められず、ダークマター観測終了
30億円が認められず、ダークマター観測終了  かつてこのブログで、日本家電メーカーの有機ELパネル開発からの撤退を、批判的に書いたことがある。2013年のことだった。そして今、有機ELパネルは韓国メーカーの独壇場となり、その供給を受けなければ有機ELテレビを製造できない状況に陥っている。液晶テレビでは日本が世界をリードしていたが、有機ELテレビでは、それを韓国メーカーが担う形になっているのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/01 10:29
(臨時)台風22号接近!
(臨時)台風22号接近!  台風22号が接近中だ。先週末も台風対策をしたのに、今週もかいと、少々うんざり気味だ。鉢上げして間もない苗がある。少々の強い風でもアウトだ。風が強くなければ、それ以外の鉢はその必要もないだろうが、ムクナ・ベネッティの苗だけは取り込まねばならない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/27 09:47
書くという陋習、『伝道の書』
書くという陋習、『伝道の書』  このようなほとんど読んでくれる人もないブログだが、一応断っておくものと考える。このブログを開始した当初は、毎日書いていた。心に積み重なったオリのような思念や感情の断片が、それこそ外化(外側に形をもって存在すること。疎外)を求めてうめいていたのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/25 09:13
(報告)京都植物園方式О先生改良型セパレート容器式挿し木法
(報告)京都植物園方式О先生改良型セパレート容器式挿し木法  ムクナベネッティの挿し木、京都植物園方式О先生改良タイプのセパレート容器式で挿したものが、そろそろ十分発根していたので、昨日鉢上げした。10本のうち1本はアウト、残り9本が鉢上げまでこぎ着けた。根がとても頼もしい感じで、今後の生長が大いに期待できるものだった。なお、挿したのは9月25日のことである。10月16日で3週間経過だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/20 09:22
2017衆院選、選挙情勢と雑感
2017衆院選、選挙情勢と雑感  自公が300議席に迫ろうというのに、希望の党は失速、現状維持がせいぜいかと伝えられている。それに対し、立憲民主党は思いのほか健闘、希望に次ぐ議席を獲得しそうだというのが、各新聞社の見方のようだ。それなりに電話アンケートなどの調査をもとに出てきていることだろうし、情勢分析が横並びであることからも、それなりの信憑性があるのだろう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/18 09:11
人間は不完全なAIに過ぎないのか?
人間は不完全なAIに過ぎないのか?  AI囲碁ソフトが人間に勝利するようになった。そのことの意味を、ちょっと考えてみたいと思う。むろんそのことで囲碁に興味をなくしたとか、そんなレベルの問題ではない。こんな時代にあって、それこそ物事のとらえ方を新たに組み上げねばならない時代なのに、哲学が払底してしまっている。何という時代なのだろう。私たちは、羅針盤も無しに嵐の海を進まねばならないのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 09:34
ムクナ・ベネッティのひと節挿し穂法
ムクナ・ベネッティのひと節挿し穂法  О先生に教えていただいた挿し穂の作り方は、ふた節を切り出す方法だった。根に近いほうの節は新たな根が伸び出す部分であり、そのすぐ下から切る。上の節は新芽が伸び出す節であり、その部分の複葉は、両サイドを残して真ん中の葉は切除、さらに残した両サイドの葉も水分の過剰な蒸散を防ぐため、中ほどから切除して面積を減らす、というものだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/13 20:21
経済失速、政治の停滞
経済失速、政治の停滞  投票先は自民32%、希望13%と読売新聞は伝えている。そうか、こうも早々と「希望」への失望が広がったか、という感じだった。日本新党、民主党というような政権交代を引き起こしたかつての大躍進は、今回は「大山鳴動して鼠一匹」に終わりそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 13:41
弱り目に祟り目
弱り目に祟り目  今までもそうだったが、よりにもよって困ったことがあるときに限って、別の災いが続いて起こったりするものだ。いやはや、泣きっ面に蜂、弱り目に祟り目とはよく言ったものだ。正直言ってちょっと参っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/06 15:44
京都植物園方式+O先生改良型のムクナ挿し木方法
京都植物園方式+O先生改良型のムクナ挿し木方法  ムクナ・ベネッティの挿し木を伝授してくださったO先生のご提案で、京都植物園方式というものも実際に試みてみた。実は今までもこの方法で、挿し木するたびに出てしまう端切れのような枝を、ダメ元で挿してきた。京都植物園方式といっても、O先生ご提案の改良タイプというべきで、私なりの工夫も加えているハイブリッド方式というべきか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 08:55
久々の伊江島帰省でした
久々の伊江島帰省でした  所用のため、久しぶりで伊江島に里帰りした。先週の土曜日、23日のことである。朝1便9時の本部新港発に間にあわせるためには、6時半には那覇を出発せねばならない。すると、朝食やシャワーの時間を考えたら、5時半には起床することになる。南の島の日の出は遅い。まだ真っ暗だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/09/25 09:25
街の風景としての花
街の風景としての花  激変の時代に生き、ために記憶と現実の乖離に虚しさを覚えることがあるのは、私だけだろうか。復帰前、「トウヌ(唐の) ユー(世)カラ ヤマトゥヌユー(日本の世)、ヤマトゥヌユーカラ アメリカユー(アメリカの世)、ウスマサ(はなはだしく)カワタル(変わってしまった)クヌウチナー(この沖縄)」と歌われたものだが、復帰後の変化はそれ以上だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 08:31
カジマヤー風景を見て
カジマヤー風景を見て  明るく華やかに咲く2種類のハイビスカス。ちょっと可愛い。花と言うのは、不思議なことに花自身を超えて様々な連想をもたらす。例えばこの写真だと、楽しげにおままごとに打ち興じる幼子たちだ。自らの命のままにキラキラ輝いて、世界の中に安らいでいることの、なんとも表現し難い幸福感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/20 10:10

続きを見る

トップへ

月別リンク

アカバナー通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる