アクセスカウンタ

アカバナー通信

プロフィール

ブログ名
アカバナー通信
ブログ紹介
まったく自由気ままなエッセイ。
それぞれ長文です。読書の苦手な人には申し訳ない。
まあ興味が無ければ読み通すことも無い訳で、気兼ねすることもないか。
書くことで見えてくるものもあり、自分のために書いています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
(報告)京都植物園方式О先生改良型セパレート容器式挿し木法
(報告)京都植物園方式О先生改良型セパレート容器式挿し木法  ムクナベネッティの挿し木、京都植物園方式О先生改良タイプのセパレート容器式で挿したものが、そろそろ十分発根していたので、昨日鉢上げした。10本のうち1本はアウト、残り9本が鉢上げまでこぎ着けた。根がとても頼もしい感じで、今後の生長が大いに期待できるものだった。なお、挿したのは9月25日のことである。10月16日で3週間経過だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 09:22
2017衆院選、選挙情勢と雑感
2017衆院選、選挙情勢と雑感  自公が300議席に迫ろうというのに、希望の党は失速、現状維持がせいぜいかと伝えられている。それに対し、立憲民主党は思いのほか健闘、希望に次ぐ議席を獲得しそうだというのが、各新聞社の見方のようだ。それなりに電話アンケートなどの調査をもとに出てきていることだろうし、情勢分析が横並びであることからも、それなりの信憑性があるのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/18 09:11
人間は不完全なAIに過ぎないのか?
人間は不完全なAIに過ぎないのか?  AI囲碁ソフトが人間に勝利するようになった。そのことの意味を、ちょっと考えてみたいと思う。むろんそのことで囲碁に興味をなくしたとか、そんなレベルの問題ではない。こんな時代にあって、それこそ物事のとらえ方を新たに組み上げねばならない時代なのに、哲学が払底してしまっている。何という時代なのだろう。私たちは、羅針盤も無しに嵐の海を進まねばならないのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 09:34
ムクナ・ベネッティのひと節挿し穂法
ムクナ・ベネッティのひと節挿し穂法  О先生に教えていただいた挿し穂の作り方は、ふた節を切り出す方法だった。根に近いほうの節は新たな根が伸び出す部分であり、そのすぐ下から切る。上の節は新芽が伸び出す節であり、その部分の複葉は、両サイドを残して真ん中の葉は切除、さらに残した両サイドの葉も水分の過剰な蒸散を防ぐため、中ほどから切除して面積を減らす、というものだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/13 20:21
経済失速、政治の停滞
経済失速、政治の停滞  投票先は自民32%、希望13%と読売新聞は伝えている。そうか、こうも早々と「希望」への失望が広がったか、という感じだった。日本新党、民主党というような政権交代を引き起こしたかつての大躍進は、今回は「大山鳴動して鼠一匹」に終わりそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/09 13:41
弱り目に祟り目
弱り目に祟り目  今までもそうだったが、よりにもよって困ったことがあるときに限って、別の災いが続いて起こったりするものだ。いやはや、泣きっ面に蜂、弱り目に祟り目とはよく言ったものだ。正直言ってちょっと参っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/06 15:44
京都植物園方式+O先生改良型のムクナ挿し木方法
京都植物園方式+O先生改良型のムクナ挿し木方法  ムクナ・ベネッティの挿し木を伝授してくださったO先生のご提案で、京都植物園方式というものも実際に試みてみた。実は今までもこの方法で、挿し木するたびに出てしまう端切れのような枝を、ダメ元で挿してきた。京都植物園方式といっても、O先生ご提案の改良タイプというべきで、私なりの工夫も加えているハイブリッド方式というべきか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/02 08:55
久々の伊江島帰省でした
久々の伊江島帰省でした  所用のため、久しぶりで伊江島に里帰りした。先週の土曜日、23日のことである。朝1便9時の本部新港発に間にあわせるためには、6時半には那覇を出発せねばならない。すると、朝食やシャワーの時間を考えたら、5時半には起床することになる。南の島の日の出は遅い。まだ真っ暗だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/09/25 09:25
街の風景としての花
街の風景としての花  激変の時代に生き、ために記憶と現実の乖離に虚しさを覚えることがあるのは、私だけだろうか。復帰前、「トウヌ(唐の) ユー(世)カラ ヤマトゥヌユー(日本の世)、ヤマトゥヌユーカラ アメリカユー(アメリカの世)、ウスマサ(はなはだしく)カワタル(変わってしまった)クヌウチナー(この沖縄)」と歌われたものだが、復帰後の変化はそれ以上だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 08:31
カジマヤー風景を見て
カジマヤー風景を見て  明るく華やかに咲く2種類のハイビスカス。ちょっと可愛い。花と言うのは、不思議なことに花自身を超えて様々な連想をもたらす。例えばこの写真だと、楽しげにおままごとに打ち興じる幼子たちだ。自らの命のままにキラキラ輝いて、世界の中に安らいでいることの、なんとも表現し難い幸福感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/20 10:10
様々な敬老の日
様々な敬老の日  かつて公休日が定日だった頃と違い、最近はどうも連休に気づくのが遅くなってしまった。かつて、9月15日は敬老の日だった。それが何曜日であれ、9月15日は敬老の日なのである。たとえ日曜日でも敬老の日はその日だけだから、何となく損したような気分になるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 10:19
台風18号、厳重警戒を!
台風18号、厳重警戒を!  今年の夏は暑かった! 連日真夏日になり、那覇では観測史上初めて連続80日を上回ったと伝えていた。温暖化の影響が、このようなところにも表れているのだろうか。しかもカタブイと呼ぶ通り雨もなく、だらだらとのっぺらぼうに暑いのだ。66年生きてきても、こんな夏は初めてである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2017/09/15 09:28
台風18号、宮沢賢治
台風18号、宮沢賢治  台風18号が接近中だ。進路予想通りだと宮古島直撃だ。とんでもない状況である。旱魃でキビの葉がロール現象を起こしつつあり、大変なことになっている、もはや雨乞いしか道はないのかと、宮古では諦めムードすら漂い始めていたという。そんな時にやってきたのが台風なのだ。なんとも困った話である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/13 09:11
北朝鮮問題における中国の無為無策はなぜ?
北朝鮮問題における中国の無為無策はなぜ?  どんどんエスカレートする米朝指導者の発言を聞いていると、正直イライラしてしまう。北朝鮮の発言には、かつて石油や鉄鉱石の禁輸をチラつかせられても、日中戦争を続けた日本の姿が垣間見える。実に愚かだというしかない。世界の状況に関して無知というか、井の中の蛙丸出しだからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/11 09:55
藤井4段のファンクラブ?
藤井4段のファンクラブ?  まあ当然だろうというようなニュースが流れている。プロデビュー後29連勝という新記録を樹立、一躍時の人となった藤井4段。そのファンクラブの設立が、親族の意向で白紙撤回されたというニュースである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/08 09:33
お盆雑感
お盆雑感  昨日はウークイだった。ウンケーからウークイまでの3日間は、昔は正月と並ぶ一大行事だった。商店は軒並み休みとなり、飲屋街も閑散とする。ホステスさんたちも休みを取り、お土産を山のように抱えて帰省するからだ。道路も、正月の時のように閑散としてしまうのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/06 10:35
ムクナ・ベネッティの水挿しは大成功!?
ムクナ・ベネッティの水挿しは大成功!?  光といい、背景といい、申し分ない状況なのだが、残念、構図が悪すぎた。ど真ん中に被写体を配置するのは、初心者に最も有り勝ちなミスで、このハイビスカスを少し左側に寄せ、青空の部分を多くすれば、それだけで写真に広がりが出る。と、私に写真を教えた友人なら指摘するだろう。その通りである。「またやっちゃったよ」というのが正直なところ。幾つになっても進歩しないものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/09/01 19:54
マスメディアとしてのテレビは終焉?
マスメディアとしてのテレビは終焉?  最近、テレビ番組がつまらなくなった。テレビ業界どうなっているんだろうと、2、3年前に書いた記憶があるが、以後その状況は進行するばかり。これは長寿番組になりそうだというような番組など払底している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/30 10:00
ブラジリアンローズ、レオノティス・ネペティフォリア
ブラジリアンローズ、レオノティス・ネペティフォリア  4月に植えたブラジリアンローズは、もう2メートルを超えているだろう。驚きだ。アセロラがあまりに繁茂しすぎて、周囲の植物を圧迫していた。それでやむなくアセロラを伐採し、サンキューで売られていたブラジリアンローズを植えたのだった。暖かい地域の植物のようだが、アセロラのようにあっという間に成長し、周囲を圧迫しなければいいのだがと、かすかな危惧をいだきながら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/28 09:11
西洋社会、アメリカ社会の危機
西洋社会、アメリカ社会の危機  修学旅行で初めて目にした鹿児島の光景が忘れられない。それは、くすんでいて白黒写真のようだった。セピア調というか、落ち着いた風景ではあるのだが、何か活気のようなものが足りないというか、エネルギーが感じられないのだった。建物の色彩、また様々な標識や看板などの掲示物が、どうしようもなく鮮やかさに欠けるように感じられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/25 09:13

続きを見る

トップへ

月別リンク

アカバナー通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる